ホーム>自分が何を悩んでいるのかわからない方へ

自分が何を悩んでいるのかわからない方へ

「自然とネガティブな気持ちになる」「疲労やストレスが重なって辛い」など、感じたことはありませんか。
自分が何を悩んでいるのかわからず、長い間苦しんでいる方は意外と多いと感じます。

自分の気持ちに素直になる

自分の気持ちに素直になる

何を悩んでいるかわからない場合、もしかしたら自分自身の感情が“邪魔”をしているかもしれません。

例えば、好意を持った方に意地悪をしたり、対人関係でトラブルがあったら「すべて自分が悪いんだ…」と、謝ったりする行為です。自分の本心と違う言動をしたあとに、自己嫌悪に陥ることもあるかもしれません。

考えられる原因として、過去のプライドが傷ついた経験から、自分を守るために無意識にガードしている可能性があります。ありのままの自分を否定せずに受け入れ、自分の声に耳を傾けてはいかがでしょうか。自分の気持ちに素直になることで、様々なことに気づくかもしれません。

信頼できる話し相手を見つける

信頼できる話し相手を見つける

一生懸命考えても「自分の悩みがわからない…」そういうこともあると思います。そんなときは、信頼できる話し相手を見つけることをおすすめします。話すことで自然と頭の中が整理され、自分で答えを出していることもあるからです。

人間関係におけるストレスや恋愛の悩み相談など、何でも良いので話してみてはいかがでしょうか。悲しみを共有することは癒しの効果がありますし、相手も同じ悩みを持っていて共感できるなどのメリットがあります。
孤立して悩むより、誰かに相談することで解決が早くなることも多いです。

心理カウンセリングを活用する

内に潜める劣等感や過去の苦しい体験など、親しい相手だからこそ“言えない”こともあると思います。
それがきっかけになって、今何に悩んでいるか自分でも理解できないでいる場合もありますので、専門家による心理カウンセリングを受けてみませんか。

病院のような堅苦しい雰囲気ではないので、ゆっくり自分のペースで話すことができます。また、精神分析による心理カウンセリングは悩みを解決するだけでなく、背景にある様々な問題もわかってくることが多いです。
自分と向き合いながら、精神的に成長できることもありますので、安心してご活用ください。

名古屋で悩み相談や心理カウンセリングなら清洲心理相談室へ

当相談室は名古屋近郊で臨床心理士による心理カウンセリングを行っています。名古屋の心理カウンセリングとして病院やクリニック、公立中学や高等学校などに数多く携わってきました。うつ病や不登校などでお悩みの方にも丁寧に対応いたします。悩みがわからない、生きているのが辛いと考えてしまう方、どうぞ安心してご相談ください。

ページ上部へ