ホーム>それって本当にダイエット?気づきにくい摂食障害の症状

それって本当にダイエット?気づきにくい摂食障害の症状

「モデルや芸能人のように痩せたい!」という願望は、若い女性なら誰でも持っているものではないでしょうか。そのため過剰なダイエットを行って、摂食障害を引き起こすことも少なくありません。こちらでは、気づきにくい摂食障害の症状についてご紹介いたします。

摂食障害について

拒食症(神経性食欲不振症)

摂食障害について

太ることや食べることに常に不安がつきまとい、食事をほとんどとらなくなる拒食症は10代の女性に多いと言われています。

拒食症を引き起こしてしまう原因は、徹底した食事制限、食べ始めるまで時間がかかる、太っていると思い込む、体重を異常に気にする、カロリー消費のために常に動くなどが挙げられます。

症状が進むと生理がなくなる、歯が抜けやすくなるなどの兆候があらわれ、生命の維持が困難になる危険があります。

過食症(神経性大食症)

食欲をコントロールすることができず、限度なく食べてしまう過食症は20代の女性に多いと言われています。
過食症を引き起こしてしまう原因は、短時間で食べ物を大量に食べる、ストレスを感じると食べ過ぎてしまう、隠れ食べをする、食べた後に激しい罪悪感に陥るなどが挙げられます。症状が進むとうつ病を発症したり、薬物やアルコールに依存したり、人格障害などの精神疾患を合併しやすくなります。

拒食症や過食症になっている方は自覚がないことが多く、嘔吐を繰り返したり下剤を使用したりする傾向があります。そのため体内の電解質に異常が起こって、むくみや不整脈があらわれることもあります。また拒食と過食を行き来する方も多いようです。拒食症による飢餓の反動で過食になったり、過食症による過剰な嘔吐で拒食になったりするからです。

摂食障害の背景にある心の傷

摂食障害の背景にある心の傷

摂食障害は心の病です。痩せて美しい女性になることに価値を見出し、食事をとらなくなって発症するケースが多いからです。また、幼少期における愛情不足、過度な期待やプレッシャーによるストレス、肥満や対人関係への恐怖などの心理的要因も挙げられます。

「摂食障害を持っているなら食事制限すればいいのでは?」と、安易に考えるのは大変危険だと思います。なぜなら、前向きに病気と向き合う姿勢が必要で、何らかのきっかけで本人の考え方が変わらなければ、治療は辛く難しいものになってしまいます。

津島で摂食障害やストレスやカウンセリングなら清洲心理相談室へ

摂食障害からの回復には、臨床心理士によるカウンセリングがおすすめです。津島市から近い当相談室は、来談者の個性を尊重し、自由連想を中心とした丁寧なカウンセリングを行っています。当相談室は単なる癒しや症状の改善だけを目指してはいません。

来談者の精神的な成長を促し、問題を克服するまでしっかりサポートいたします。発達障害不登校などの悩み相談も対応していますので、津島市やその近隣にお住まいの方は、お気軽にご相談ください。

ページ上部へ