ホーム>強迫神経症について

強迫神経症について

暴力や汚れ、些細なことや自分のしたことについて、気になったり不安に陥ったりすることはありませんか。
そんなときは一宮市近辺にある当相談室をご利用ください。分かっているけど止められない、強いこだわりや行動がある場合は強迫神経症の可能性があります。ここで強迫神経症について、ご紹介いたします。

考えや行為を繰り返す強迫神経症

考えや行為を繰り返す強迫神経症

無意味なことやバカバカしいことが分かっていても(不合理性の認識)、自分の意志に反してある考え(観念)やある行為(強迫行為)が繰り返し起こり、抑えることができない状態を強迫神経症(強迫性障害)といいます。

こだわりを止めたいと強く願っていても、こだわりを止めることができないのが特徴です。考えや行為がエスカレートして日常生活に支障をきたし、うつ病パニック障害などを引き起こすこともあります。

強迫神経症の原因や治療について

強迫神経症の原因や治療について

強迫神経症は神経症や不安障害として位置づけられていますが、詳しい原因はまだ解明されていません。考えられる説を挙げるとすれば、脳内にある神経伝達物質セロトニンの異常が挙げられます。

また、脳内の特定部位が障害を起こすことで発症するという説もあります。完璧主義や几帳面な性格の人に多いといわれ、何かしらのきっかけや刺激が発端となって、強迫神経症を引き起こすと考えられています。

一般的な治療方法として抗不安薬や抗うつ薬などの薬物療法と、カウンセリングなどの精神療法を組み合わせて行うことが多いです。完治が難しいため、治療は長期間継続して行われます。

臨床心理士にご相談ください

強迫神経症を早く治そうとして、認知行動療法によるカウンセリングを受けることはおすすめできません。
例えば、強迫神経症と依存症を勘違いして誤った治療を受けると、問題がさらに悪化するケースも考えられるのです。

強迫神経症に潜む根本的な問題を解決せずに「完治した!」と思い込み、突然の再発に苦しむ方もいらっしゃるようです。強迫神経症の治療は正確な検査や診断に基づいて薬物治療を行い、資格を持った専門家による精神療法を一緒に受けることで、最大限の効果を発揮できると思います。そのため強迫神経症と診断された方は、臨床心理士に相談することをおすすめします。

一宮市からも通える当相談室は、臨床心理士によるカウンセリングを行っています。当相談室のカウンセラーは病院やクリニックなどの医療機関で、カウンセリングを行ってきた実績があります。

現在はスクールカウンセラーとして、教育現場で様々な心理的援助を行っていますので、病院に行くことに抵抗がある方は、当相談室にご相談ください。また、人間関係に不安がある方や、強いこだわりにお悩みの方もお気軽にお問い合わせください。

ページ上部へ