ホーム>清洲心理相談室ブログ>アタッチメント

アタッチメント

講演会原稿「思春期の心性」8

201722525614.jpg

 非常に具体的に語りましたが、今語ったC君のケースは実際の一つのケースではありません。ですが私が20数年不登校に関わった中での典型的なエピソードを組み込んで創作したケースですので、自分でもリアルに仕上がっていると思います。

 ここで強調したいのは、実際の不登校を見ていくと多くがC君の家庭のようにごくありふれた日本の一般的な家庭なのです。決して特別ではありません。

 さてC君の問題を先に述べた「アタッチメント形成」「イヤイヤ期」エディプス期」から見て考えてみましょう。

 C君は特に幼児期や小学校での問題行動もなく、アタッチメント形成に大きな不安定要素はありません。つまりお母さんのそばにいることで一定の安心感を持つことのできる関係ができているようです。

 でもイヤイヤ期がなかったということは、お母さんに逆らって自分の意志を出そうとすることに不安が強かったのかもしれません。あるいはお母さんの性格が相手を怒らせないように気を遣う人のようですので、C君もお母さんに合わせてお母さんに怒らない、怒らせないように子供ながらに気を遣ったのかもしれません。

 イヤイヤ期をうまく通り過ぎなかったら次のエディプス期でお父さんに反発することも困難なのですが、、その上C君の場合、お母さんはお子さんたちとの関係が強く、お父さんとお母さんとの関係に割って入るというエディプス期の三角関係もうまく成り立たなかったのだと思います。そうすると必然的に人と競い合ったり自己主張することが苦手で人に気を遣う性格になります。また必要以上にお父さんを怖がり、あるいは敬遠しがちにもなりやすいものです。

 このような幼児期の課題をやり残したまま思春期に突入したC君は、たぶんお父さんお母さん、そして自分自身の性格についていろいろな気持ちが芽生えてきたことでしょう。中学生になり、新しい大きな集団に入り、厳しい校則や部活動、級友たちとの関係を体験したC君は、反発することも自己主張することも思うようにできず、不安が一気に身体症状になって出てきてしまいます。それが頭痛、腹痛で、それがきっかけで不登校に突入します。

 話がいったん変わりますが、C君のような家庭が珍しくない中でどうしてC君が不登校になったのでしょう。

 C君のようにお父さんは子育てに積極的に関わらず、お母さんは人に気を遣う女性という組み合わせは珍しくありません。日本ではむしろ一般的ともいえるのではないでしょうか?またそのような家庭は昔からたくさんありましたが、なぜ昔はそれほど不登校が目立たなかったのでしょうか?

 ここにもうひとつの思春期の特性があります。小学校中学年ぐらいから「ギャングエイジ」「チャムシップ」とも呼ばれる、子ども同士の集団の絆が強くなる時期があります。大人から離れた世界で子供同士でグループを作り、その中で疑似家族体験をしていきます。昔は近所のきずなも強く、兄弟も多かったことからこの子供同士の集団には年代の違う子どもが集まり、その中で競い合いや自己主張をするチャンスにも恵まれ、同時に年長の子どもがお父さん役割を果たすこともありましたが、現代では子どもの数も減り、同級生との付き合いがほとんどになってきています。その上遊び方も変化し、競い合いやぶつかり合いも減ってきています。同質な仲間とだけの表面的なつながりでは十分な疑似家族体験にはなりません。

 ちなみに子ども同士の「チャム」や「ギャングエイジ」のようなグループで疑似家族体験をすることはC君のような思春期危機を回避するひとつの方法なのですが、そこには危険もあります。そのグループが非行グループであったりいじめが頻繁に起きるような問題のあるグループの場合、その影響を強く受けるからです。

   続く

 

講演会原稿「思春期の心性」2

『人が赤ん坊として生まれた直後はご存知のように24時間誰かに面倒を見てもらわなければ生きていけません。人以外の哺乳類はそれほど無力ではないのですが、例えば猿の赤ちゃんは生まれた直後からお母さんにしがみつくことができます。でも人間の赤ちゃんは生まれた直後かなり無力な存在で、24時間誰かに保護され、養育されなければ生きていけませんね。

 その時点ではただ不快になると泣くだけです。でもしばらくたつと自分が泣くことでsおのふかいかんをとってもらうように相手をコントロールできると気が付くようになります。例えばお腹が空いた、あるいは寂しい、おむつが濡れて不快だなどという時に泣くとそれを和らげてくれることに気が付くと、次第に一番自分を世話してくれる人、多くはお母さんなのですが、その人を他の人とは違う存在だと認識でき、その人に向かってほほえんだり泣いたり声を発したりします。お母さんに要求すると答えてくれることを覚えるのです。

 お母さんが自分の辛さを和らげてくれる。これは赤ちゃんが最初に学ぶことで、その学びがやがてその赤ちゃんの将来を通じての人生の基本になるのです。今の時代にお母さんといいきるのは語弊があるかもしれません。お父さんでもお祖母さんでも、あるいは保育士さんでもいいのですが、養育者と子どもとのつながり、つまり不安になった時に親しい人に近づいてなだめてもらうことを期待する気持ちが育つことがその人の将来にとても大切な要素になるのです。このつながりを専門用語で愛着形成、アタッチメント形成といい、この理論をアタッチメント理論、愛着理論といいます。これについては近年、日本でも海外でも多くの専門的な研究が進められていますが、詳しい内容についてはここでは省きます。

 このようなアタッチメント形成は人間だけでなく多くの哺乳類、鳥類にも見られます。赤ちゃんが世話をしてくれるお母さんを見分け、不安な時、つまり危険を察知した時は本能的にお母さんに近づく。これは生きるための動物の本能です。人もこの本能を持っていますので、それが正常に働くことで本能的な不安を和らげて未知の物事に挑戦する勇気が出てくるのです。』

 

 次回は次の発達段階、イヤイヤ期のご説明をします。

人の不安と愛着の関係

  実を言うと、私がアタッチメント(愛着)理論に巡り会ったのはつい4~5年前でした。私の大学院時代にはまだ理論自体が現在のように整備されておらず、有名でもありませんでしたので学んでこなかったのです。独学ですから厳密に正確な内容でない点もあるかと思います。正確な知識を得るためにはどうぞ文献をお読みください。アタッチメント理論自体は科学的手法に基づいて証明可能なものですが、私が語るものは厳密に学問的なものでなく、あくまでも私の考えている仮説としてお読みください。

 私がアタッチメント理論を学んでいくうちに「これはすごい理論だ。」と実感するに至ったのは、この理論がこれまでバラバラだった人の心を包括的に捉えるかなめの部分となる可能性があるからでした。

 簡潔に説明すると、「人間の心は脅威に備えるための動物的な脳の働きから来る不安が生まれつき備わり、それをコントロールするためにアタッチメントの本能がある。それが安定して作動することで、人としての文化的社会的生活を営むことがよりうまくいく。」ということになります。

 脅威を感じた時に養育者に近寄る行動、つまりアタッチメント自体は鳥や哺乳類など親に頼らなければ生きていけない生物には皆本能として備わっています。つまり人見知りや後追いの行動は養育者を見つけて安心感を得るために必要な行動なのです。

 人が動物と異なる点は、動物は成長するに従って母親を安全基地にすることをしなくなり、独り立ちしていきます。「動物は一定の場所を安全基地(アタッチメント対象)にする。」という見方もあります。その一方で人は、人生のごく早期にだけは一人だけの養育者を愛着対象にしますが、だんだんとその対象は広がっていくのが自然です。父親、兄弟、友達、先生、そして配偶者や尊敬する人物、あるいは文学や芸術の場合もあるでしょう。不安がいったん落ち着くと人は遠くまで冒険したり新しいものを作り上げたりする心の余裕が生まれます。

 人が自らの安心するさまざまな存在を見出すことが人生そのものともいえます。

 また人の場合、動物のようにただ近づいて保護を求めるだけで安心を得ることでは足りず、よりぴったりと不安に寄り添うにはどうしても言葉で伝える必要が出てきます。そのせいで、うまく言葉で共感することが上手なお母さんはよいのですが、そうでない人、あるいは環境的にそれどころではない人も存在しますし、そもそも子どものどんな不安や不満にもぴったりと寄り添って理解してあげられるお母さんは存在しません。

 人は多かれ少なかれ、解消できない不安を抱えてそれを何とかやり過ごす術を見つけて生きていっていると言えます。

 人の不安がよりやっかいで、これほど多くの人にとって障害になるのは、すなわち人が動物的な不安をうまく収めて生きていくことの難しさだといえると思います。仕様としてそうなってしまう。人類が高度な文化を築いた代償かもしれません。

 共感的な言葉が人の心をなぜ楽にするのか?

分かってもらえたと感じることには安心感があるからです。その理由がこんな生物学的なお話から説明できるのは興味深いですね。

 

 参考になる本 アタッチメントに基づく評価と支援 

        メンタライジングの理論と臨床

        愛着理論と精神分析

愛着(アタッチメント)障害とそこからの回復

201722524350.jpg

  愛着(アタッチメント)という言葉を聞いたことがありますか?

最近では「愛着障害」という言葉がかなり一般でも使われるようになってきました。

 専門用語の愛着(アタッチメント)とは、子供が養育者を通して不安を和らげようとする行動を言います。

赤ちゃんは、世話をする養育者との間にある関係を形成して、不安な時にはその養育者に近づいて不安を軽くすることを覚えていきます。

ボウルビーという心理学者の有名な実験で、哺乳瓶をつけた針金の猿の人形と、布でできた、哺乳瓶をつけていない猿の人形のどちらに子ザルが近づくかというものがあったのですが、子ザルはお腹がすいた時以外は布でできた猿の人形のそばにいたということです。

 猿の赤ちゃんにとってさえ、空腹を物理的に満たすよりも、柔らかく安心を誘うような存在のほうが不安を和らげると感じたのでしょう。

 母親の近くにいると安心するという感覚は、外敵から未熟な児を守るための、哺乳類に共通する本能のようです。

 ところが人間にとっては、この本能はさまざまな厄介な現象を引き起こします。

 子供が辛いとき、不安に駆られた時に養育者(とりあえず母親とします)の元に戻ることによって不安が解消されたとしたら、その子はまた元気になり、未知のものごとに挑戦する勇気が出てきますが、母親が一定の安心感を提供できないとき、子供の辛さや不安は解消されず、いろいろな不具合が生じます。それが後に神経症的な症状になることもあり得ます。

 母親が安心感を提供できないとはどんな状況でしょうか?

 例えば、子供の様子や話に対して母親のほうが不安になり、子供を安心させられないこともあるでしょう。また、子供の不安に気が付かなかったり過小評価してしまう母親もいます。

 あるいは、母親自身が混乱していて、その時々で対応が全く異なる場合も、子供は母親から安心を得ることができません。

 子供の気質と母親の気質があまりにも違う時も、やはり子供に安心感を提供することは難しいものです。

 

 アタッチメントがうまく形成されると、子供はやがて母親の役割を取り入れ、自分自身で不安な気持ちを静める能力を少しずつ身に着けていけます。後に思春期や青年期になっても不安やストレスに強くなります。

 

・・・ただ、そのように幸運に恵まれた人ばかりではありません。特にこのブログを読む人多くの人は、「自分はそうではなかった。」と思うのではないでしょうか?

 ご安心ください。恵まれた母子関係を持てなかった人でも、たとえ大人になってからでも取り戻すことができます。子供のころの辛いエピソードでも、感情をこめて詳細を語ることができる人は、自身の子供のころの母親との関係を繰り返さずにうまく子育てができるという研究もあります。

 つらい過去、分かってもらえなかった不安や怒り、母親(父親)への愛情と怒りや悲しみの入り混じった気持ち。そういったものも含めた現実を自分の体験として受け入れることが、その否定的な影響から逃れる一番の手段だということが、研究からも私自身の臨床体験からも差し示されています。

 

  トップページはこちら

 

 

ページ上部へ